ここから本文です


社会貢献・環境への取り組み(CSR)

環境貢献活動

アイダ環境方針

当社は環境方針を次のとおり定めています。

環境方針

アイダエンジニアリング株式会社は、「人と技術のハーモニー」を合言葉に人にやさしい環境づくりと成形加工分野におけるオリジナル・テクノロジーの追求に挑戦する中で、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識して、プレス機械および自動化装置、付属装置の設計・製造・販売等の事業活動を行う面で環境保全に配慮する風土を確立し行動する。

1.環境管理システムの継続的改善を通して環境負荷の低減を図り、また環境目的、目標を見直して環境管理活動の推進を図る。

2.法律・条例・受入を決めたその他の要求事項を遵守し環境保全に取り組む。

3.自然環境の破壊、汚染の未然防止のために、以下の事項について技術的・経済的に可能な範囲で推進し、地球環境への負荷低減に努める。
(1)省資源・省エネルギーの推進を図る。
(2)廃棄物の削除とリサイクルの推進を図る。
(3)有害物質の排出を最低限とする。また、有害性の低い物質への転換を図る。
(4)環境に影響を与える恐れのある施設備・工程等の管理の徹底を図る。
(5)油漏れ対策(油一滴管理)に取り組み、水質および土壌汚染の防止を図る。

4.全社員が環境方針を理解し環境に関する意識の高揚を図り、環境改善と保全の実践に努める。また、協力会社に対しても環境方針を伝え、環境改善と保全の理解と協力を要請する。

上記環境方針に基づき、当社は中期的に以下の環境目的を定め、環境管理活動に取り組んでおります。

環境目的(2016~2018年度)

1.法規制遵守の維持(大気、水質、騒音等)
2.廃棄物の資源化推進と発生量維持
3.省エネルギーの推進
4.環境保全の取組み改善
5.環境に配慮した製品の開発

具体的な活動事例は以下のとおりです。

廃棄物の資源化および再利用・再生利用の推進

製造部門では、部品加工作業時に発生する切削液や製品用潤滑油の再生利用等に取り組んでいます。また、出荷作業時における梱包材および緩衝材の再利用に努めています。

工場内空調に自家発電の廃熱を利用

当社はCO2発生量が少ないガスを燃料として自家発電を行っています。発電の際に発生する熱を利用する「コージェネレーションシステム」を活用して、工場(一部)の冷暖房を稼動させています。
この自家発電機は東日本大震災の際の緊急対応にも効果を発揮しました。

廃棄油脂類を低減したエコ構造

プレス駆動部・軸受け部・スライドガイド部をオイル循環給油方式としました。これは廃棄油脂類を減少させた環境に優しいエコ構造です。

環境に配慮した製品の開発

高精度、高品質に加え高い省エネルギー性を発揮するサーボプレス(サーボプロシリーズ)がMFエコマシン認証(下記注)を取得しています。
当社は同認証制度の発足にあたって真っ先に取り組んでおり、業界でもトップクラスの認証登録数を誇っております。

-(注)MFエコマシン認証制度とは-
MFエコマシン認証制度とは、(社)日本鍛圧機械工業会がエコプロダクト(環境配慮型製品)として定めた認証規格です。鍛圧機械産業として環境配慮型製品の開発を促進し、環境負荷の低減および作業環境の向上に寄与することを目的に2009年4月より本格的な運用がスタートしました。外部有識者が参加した認証審議会において、同工業会が独自に設定した“MFエコマシン認証基準”に基づき、適合審査・認証・登録・公表を行っております。

地域・社会貢献活動

「人と社会に貢献する」がアイダのモットー

工場見学・体験学習の受け入れ

本社工場では、近隣中学校の工場見学や職場体験学習の受け入れを継続的に行っており、これらの活動を通じて地域の教育支援に努めています。

近隣地域活動

本社工場および津久井工場は、それぞれ現地工業団地の幹事役として積極的に地域活動に取り組み、近隣企業や地方自治体と連携を深めつつ工業団地における諸問題の解決に向けて貢献しております。

企業情報