ここから本文です


サステナビリティ

サステナビリティ基本方針 並びに アイダグループ人権方針

サステナビリティ基本方針(ESG)

私たちは、アイダグループの企業理念である「成形システムビルダとして発展し、人と社会に貢献する」を基本的な考え方として、その実践を通じて、ステークホルダーを含む社会との長期的な信頼関係を構築し、持続可能な社会の実現と企業価値の向上に努めます。

  • 人と環境に優しい製品づくりに取り組みます(E)
  • 社会の発展に貢献する価値の創造に取り組みます(S)
  • 社会との共生に向けたガバナンスの向上を実現します(G)

アイダグループ人権方針

アイダグループは、「世界人権宣言」、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」、国際労働機関の「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」などに基づき、アイダグループ行動指針に明示するとともに人権に関する基本方針を定め、すべての人々の人権を尊重する企業経営を行います。

  • 人権に関する原則
  • (1)私たちは、あらゆる関係者の尊厳と基本的人権を尊重し、人間尊重の精神にあふれた企業風土を築き上げます。
  • (2)私たちは、お客様、お取引先との健全で透明な関係を維持します。
  • (3)私たちは、経営方針や業績など、株主、投資家をはじめとする関係者の方々が必要とする情報を適切に開示し、企業活動の透明性を高めます。
  • (4)私たちは、グローバル化時代にあって、様々な文化的伝統や風習を尊重し、地域社会の発展に貢献します。
  • (5)私たちは、あらゆる形態のハラスメントを禁止します。
  • (6)私たちは、取引先も含めたすべての強制労働、児童労働を禁止します。
  • 人権デューデリジェンスの実施
  • (1)人権に関わるリスクを把握・評価し、私たちの取組の効果を検証・改善するための一連の仕組みを整備し、これを継続的に実施します。
  • (2)私たちに関連する取引先等が人権に関わる潜在的または実際のリスクが評価・確認された場合は、適切な手続きを通じて、是正措置・予防措置を行います。
  • 救済メカニズムの構築

2008年4月に「アイダグループ企業倫理ホットライン」をスタートさせ、多言語での通報・相談を受け付けています。
2015年には社内のみであった通報窓口を社外にも設置し、通報先の選択肢の幅を広げております。

アイダエンジニアリングの社会貢献・環境への取り組み(CSR)については、https://www.aida.co.jp/company/csr/index.html をご参照ください。

企業情報